カテゴリー別アーカイブ: テキスタイルデザイン―図案・構成

“パターン柄を表現することの基礎を学び、考えることで、デザインすることの楽しさを感じることができます。自分の持っている表現力を鍛えながら、より注意深く物を観察する力を養うことで、物の最大の特徴、美しい部分や利点、欠点を把握することができるようになります。
ただ単に布のパターンデザインを考えるだけでなく、柄から発想するものづくりを視点としたデザインの考え方を、美大でテキスタイルを学んだ講師の経験と視点から実習します。

準備品●デッサン用具、彩色用具、B3パネル、水張り用具など”

6/17(水) テキスタイルデザイン―図案・構成

DSC_5853

テキスタイルデザインを探究するこの講座。
この日はこれまでの講義をふまえ、「形態・現象・物質」と水田先生から挙げられた3つのキーワードに基づき、モノクロで描いたモチーフの講評です。
途中経過なので、意見と合わせて表現意図への質問も活発に交わされていました。

DSC_5859

くわしい講座情報はこちら
テキスタイルデザイン-図案・構成 | 水田 祐史 | 生涯学習講座

10/08(水) テキスタイルデザイン―図案・構成

DSC_8866

5月からスタートした本講座もいよいよ最終回。これまでの講座をふまえ、この日は作品とプレゼンボードを使った最終プレゼンが行われていました。

それぞれ受講生はコンセプトと合わせて、作品にこめた想いや制作にあたって苦労したポイントなどを説明。
全員で講評し合ったほか、「布に対するデザイン」だからの特性や「ユニット」構成、プレゼン方法に至るまで水田先生からのアドバイスに受講生みな真剣に耳を傾けていました。

DSC_8913